有料セミナーにしても満席になる理由

 

忙しい=儲かっていますか?

「忙しいのはいいことだ」
「儲かるなんて言葉は汚い」
「忙しいのは大変だけど、ありがたい。充実。」
以前の私は、そんなふうに考えていました。

 

 

あなたの周りに、こんな方はいらっしゃいませんか?
「あんなに忙しそうで休みもなく働いているのに、お金に余裕があるようには見えない。

 

 

以前の私は、まさしくそれでした。

 

 

だから、ポッと予定が空いて手帳も空いてしまった日があったり、忙しくなくなると、不安に襲われていたものです。
でも、今は、空いても不安にならない。

 

 

毎日、暇(笑)
でも、毎月、最高益更新中。

 

 

例えば、
ビジネスの為にFacebookを利用されている方も、たくさんいらっしゃると思います。

 

あなたの使うFacebookへの時間と労力は、最初の目的であった「あなたのビジネス・あなたの収益」に、つながっているのでしょうか。

 

 

以前の私がそうだったのですが、最初の目的は「ビジネスにつなげたい」という想いがあったはずなんです。
だけど、いつからかFacebookのようなSNS発信する場が、「私を見て」という欲求のはけぐちになってしまっていた気がします。

 

 

「ビジネス目的」だから、もちろん、ビジネスの発信内容は投稿に書かれてはいるのですが。
「本当の目的」がだんだん、「私を見て欲しい」になっていってしまっているので、本当に伝えたい人に、本当に伝えたいことが伝わらない。
ビジネスとして効果的な内容でなくなっていく。

 

 

Facebookは、ビジネス目的の人がたくさん集まっています。

 

 

ですから、「私も、あなたの投稿に”いいね!”するから、あなたも、私にも”いいね!”してね。」
という暗黙の了解があるようですが・・・

 

 

ここで考えてみてください。

 

 

相手がビジネス目的でFacebookを利用していて、「内容なんかどうでもいい、なんだったら読んでもいない。でも、”いいね!”してほしいから、いいね!しておこう。」という”いいね!”を、いくら100も200ももらったところで、その発信は、「収益」に、そして「ビジネス」に、なっているのか。

 

 

SNSは、Facebook、LINE@、ブログ、Instagramなどなど様々なものがありますが、それぞれ”ペルソナ”と、”目的”が微妙に異なってきます。

 

あなたのビジネスに必要な”ペルソナ”が、そのSNSにはいなかったり、目的が達せられない発信ならば、やる意味が果たしてあるのだろうか。

 

 

だから、私の尊敬する経営者さんたちの中には、「Facebookには力を入れていない」と、おっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

以前の私は、よくわかっていなかったので、Facebookに限らず、とにかくなんでもかんでもやりました。

 

 

そりゃあ、忙しい毎日でした。
当時の私は、Facebookのお友達も5,000人にしましたし、いいね!も100以上いただけるようになりました。

今の私は、Facebookの”いいね”が、仮に10人でも充分目的は達成しており、満足しています。
なぜなら、Facebookの目的が”いいね”をもらうことではなく、”見て欲しい人に見てもらう”ことだからです。

 

 

Facebookのお友達をまず5,000人にしようと思ったときに、来るリクエストは全てとにかくなんでもかんでも承認していました。
第一の目的が、まずはとにかく数を稼ぐことだったから。

 

今の私は、もう友達5,000人に到達しています。
でも今では、100人ほど常にいただいている友達リクエストを入れ替え、承認を選んでいます。

 

 

友達5,000人!を頑張ると、Facebookの電話機能やメッセンジャー機能を使って、「特別に繋がりたい」と連絡をくださる男性もウジャウジャ湧いて出てきました。やってみてわかったことだったのですが、当時は本当に大変でした。

 

 

ここでFacebookの利用目的を明確に持っていないと、「私、モテちゃって困るわ」的な対応に追われます。
投稿にも大量のコメント。人気者に見えます。私も勘違いしていました。

 

 

でも、プロフィール画面でお断りしているメッセンジャーを利用してメッセージをくださる方や、「内容読んでますか?」というコメントをいただくこともあります。

 

 

私も気づけば、まったくビジネス目的からはずれていたんです。
その時間は、何のための時間だったんだろう?

 

 

以前の私は、「いいね!」の数をたくさん頂くことが、人気者になることが、成功への近道だと思っていたのです。

 

 

この時間は、1円でも落としてくださる私のビジネスの未来への行動なのだろうか?
それを見ている第三者に、私のビジネスに興味を持って頂けるやりとりとして効果的に見て頂くことができているのか?

 

 

私はある時、やっと気づいたのです。

 

 

発信している側も、見ている側も、何かの「欲求」があり、それをお互いが満たす。
ビジネス目的でFacebookをやっているのならば、本当に私の時間と心を捧げたい人へ、もっと時間を使うべきではないか?

 

 

「私を見て欲しい」と気づかない間にSNSを利用しまうのは、欲求が満たされていない証拠。
以前の私がそれで、いやお恥ずかしい限りです。

 

 

Facebookをビジネス目的で始めたのに、目的がおかしくなって、収益に繋げられない時間をたくさん費やしていた。
時間の使い方を誤ると、お金も入ってこなくなる法則に、私は気づきました。

 

 

私は、お金の講師として「お金と時間の使い方」についても、受講者様や顧客様へ向け、いつも発信しています。
お金は道具、手段であり、目的ではありません。

 

 

だから「なぜお金が欲しいのか。なぜお金を殖やしたいのか」という、お金以外の”本当の目的”が非常に重要。
目的があやふやになってしまうと、Facebookの先ほどの例のように”有限で大切な時間”が、おかしな使い方になってしまう。

 

 

私が勉強してある時知った言葉なのですが、キラキラ起業女子という言葉があります。

 

 

数多く”いいね!”がついているけれど、投稿内容が「私を見て!」で、周りがキラキラさせてくれて、人気者な気がして、心は満たされているかもしれない。でも、ここに使っている努力や時間は、まったくお金を生み出せていないじゃないか!

 

 

当時私も、そんなFacebookになっていたとしても「一緒にお仕事しませんか?」というご縁もありました。
実際にビジネスにつながることはゼロではなかったとは思います。
新しいリアルお友達も、増えるかもしれません。
得るものが全くないかと言ったら、そんなことはないと思います。

 

 

でも時間は有限なので、明確に、どこにどれだけの時間を使って、誰に見て、聴いてほしいのか。
何を伝えたくて、誰のために、何のために、やっているのか。
目的を明確に理解して取り組むことで、良い時間の使い方となり、そして良い収益となって私に戻ってくる

 

 

「忙しいこと」そのものは、仕事を一生懸命頑張っていることでもないし、収益につながることでもない。
忙しいと、なんだか安心する感覚。あなたも感じたことはありませんか?

 

 

さらに気づいたこと。
お客様は神様 では、ない

 

 

お金を払うお客様側の立場の時。
お金を払う雇い主側の立場の時。

 

 

お金を払う時に、サービスを提供してくださったお相手が大体「ありがとうございました。」とお言葉をくださいますが、
私も必ずお相手に、お礼を伝えています。

 

 

お金を払うという行為は、お相手の大切な時間とサービス(価値)を提供して下さったことです。
それに対する感謝とリスペクト、そして、それを形で表現する為の、当たり前の対価です。
だからお客様は偉くないし、もちろん神様ではないのです。

 

 

私は、私の提供している時間、提供している価値に、自信があります。
ですから今の私は、お支払以上にお求めになる方は、お断りするようにしました。
「私はお客様よ!敬いなさい!」みたいな、ね。

 

 

今の私は少なくとも、お支払するお相手に対し、そういうお金の使い方に気を付けていますから。
できるだけお金を払いたい人にしか払わないし、時間を使いたい人にしか使わない。
お支払している以上の価値の搾取や、お相手へ無償の犠牲を求めない。

 

 

相手に小さなお金しか落としていない人ほど、求めてくるし搾取する人が多い。
私も無意識にそうならないよう、常日頃気を付けています。
ですから私は、お客様のご機嫌を取ろうとは思わないし媚びません。

 

 

私の提供している価値、仕事、サービスに、自信をもってお届けしているから。
大切な方のお役に立つために丁寧に。

 

 

私は、本当にたいせつな人や、たいせつな物をたいせつにするために、時間もお金もたいせつにしているということです。

 

本当に私がプロとしてお役に立ちたい方の為に、私の提供する価値にお支払いくださる方、そして私を本当に必要としてくださっている方のお役に立つために、私の時間は存在する。

 

 

お金は道具。
手段であり、目的ではない。

 

 

道具はたくさんあったほうが、人生の夢や目的は達成されやすくなる。
ありたい自分、なりたい自分、やりたい事も実現しやすくなる。

 

 

今、私はこう考えているので、忙しくなくなったのです。

 

先ほどは、暇!と書きましたが、実際には、創り出せるようになった時間で、本当にお届けしたいお客様の為に、勉強やリサーチ研究、発信するための時間、心を豊かにするための時間に、使えるようになりました。全然、まだまだ勉強中なのですけれど。

 

 

「忙しい=儲かる=頑張ってる」というお考えを否定するわけではありません。

 

 

ただ、過去の忙しかった私は、大切な人生の時間を「本当にそれで充実して幸せに暮らせていたか?」といえば、そうではなかったのです。

 

 

忙しかった私は、体もボロボロ、本当に大切にしたい家族も、私自身も犠牲にしていました。
いつまでたっても、どれだけ頑張っても、どれだけ結果を出しても、全くもって豊かには、なれなかったんですもの。

 

 

「頑張ったな」と、褒められる。
認められる。
時々おいしい食事をごちそうしてもらったり、ご褒美をくれる。

 

 

ごまかされていた。

 

 

本当に欲しいものはそんなものじゃなかった。
搾取されまくっていた。
あー、気づいてよかった。

 

 

「自己犠牲=美徳」。
日本のあるある常識。
アンパ〇マンが、自分を犠牲にして動けなくなってしまうほど、人の役に立ち続ける。
褒められて、感謝されて、自分と家族は死にそうに飢えているのに、他人のお腹は満たされる。
それが日本人の幸せなのでしょうか。

 

 

自己犠牲は、自分だけならまだいいのですが、私の本当に大切な人まで犠牲にしてしまっていました。

 

 

他人の為には、犠牲ではなく、貢献したい。
私が貢献できる人になるために、まずは私自身と、そして私のたいせつな人を幸せにしなければ。
私自身が幸せでなければ、私のたいせつな人を幸せにできなければ、貢献なんて嘘になる。私はそう思います。

 

 

自分のことだけ考えればいいとか、お金儲けを考えなければいけないとか、そういう単純な意味ではありません。

 

本当の目的と、本当に必要としてくださる方の為に、本当に自分がお役に立てるお相手の為に、日々を過ごす、時間を意識して使う。

 

 

こんな感じで起業して約半年、成長し続けている私は、
相変わらず、勝手にお客様がサービスを求めてくださる状態です。

 

 

忙しかった頃の私もそうでしたが、私はファイナンシャルプランナーとして、そしてセミナー講師としてお仕事をしてきたこの4年間、営業をしたことがありません。

 

昔、上司に言われて頑張ろうとしたこともあったけれど、私は営業が嫌い。

 

 

私が営業をしていないのに、ずーーーーーーっとずーーーーーーーーっと、満席に満席でお客様が絶えない理由。

 

 

今では、かなりのお客様へお断りも申し上げております。
以前にも書きましたが、私のお客様は、何度も何度もお申し込みくださるのです。

 

 

ご紹介もたくさんくださいます。
ご紹介は、私が最大限お役にたつ効果が見込めないので、マネーセミナーへご参加いただくようお願いしています。

 

 

お客様が本当に必要としていること

 

 

私でなければ得られない。
他のサービスでは得られないことを提供するために、毎日努力

 

 

私が儲ける為ではなく、お客様の目的を果たすお手伝いをする。
お客様が幸せになるために、心を寄り添い、真剣に自分のことのようにお客様のことを考える事。

 

 

それだけが、自動的に私の収益になっています。
売らないのに売れる。
だから、私は幸せになれました。

 

 

感じてくださったお客様が、今日もいらっしゃる。

 

 

もちろん、いつも通り営業していませんが
この3年ほどのお付き合いの中で、もう今日のお客様は、いろんな形で10回目くらいのお申込みになりますかしら。

 

 

世の中で集客に困っている方がたくさんいらっしゃる中で、有料マネーセミナーになっても満席につぐ満席。

 

 

あなたも、あなたの大切なお客様を幸せに、そして、あなた自身を幸せにしてくださいね。

 

 

ビジネスのご相談は、このホームページの お問い合わせ からお待ちしております。

Follow me!